黒田卓也 Takuya Kuroda(tp)

1980年、兵庫県生まれ。12歳からトランペットを始め、中学・高校・大学を通してビッグバンドに所属。学校ではカウントベイシー、グレンミラー などのレパトリーを演奏する傍ら、神戸、大阪のジャズクラブにて16歳から演奏を始める。

2003年に渡米し、ニューヨークのジャズ・スクールの総本山、ニュースクール大学ジャズ科に進学。在学時からSmalls, Blue Note New York、Radio City Music Hall、Knitting Factory、SOB’s、Joe’s Pub55Barなど各有名クラブに出演するなど、精力的に活動。 卒業後もニューヨークを拠点に、JAZZは勿論、アフロビート、ゴスペル、ファンク、ラテン、ソウルなど様々なジャンルに精通する。2010年には、自身初のリーダーアルバム“Bitter And High”をリリース、レコーディングメンバーと共に日本ツアーをし、その名を徐々に広げていく。

2011年にリリースした2枚目のアルバム“Edge”は JAZZWEEK.COMのTOP50 JAZZ ALBUMS で3位にランクインされ, アメリカ最大のラジオ局National Public Radio では“ディジーガレスピーを彷彿”と大絶賛される。 その頃にシンガー ホセジェイムスと出会い“Black Magic”に参加、正式にホセのバンドメンバーとして世界ツアーに同行、また2013年に発表されたホセのアルバム“No Beginning No End”のホーンアレンジを担当する。

2014年には名門ブルーノートと日本人としては初の契約を果たしメジャーデビュー作“Rising Son”, 2016年には西海岸の老舗メジャーレーベルより“Zigzagger”を発表。また、日本国内では報道ステーションの新テーマ曲をニューヨークで活躍する日本人グループ、ジェイスクアッドの一員として携わっている。 

2020年には6枚目のアルバムとなる”Fly Moon Die Soon”を発表し、アメリカの音楽メディアPitchforkで高評価、またBandCampの2020年9月の月間ベストアルバムの一枚に選ばれる。国内ではアルバムのシングル曲”Do No Why”がダイハツ トールのCMに使われ話題に。ジャズの枠を超えた幅広い音楽性から、DJ Premier, JUJU, CERO, MISIA など様々なアーティストとのコラボレーションを展開している。

CHANNEL



● OFFICIAL WEBSITE

https://www.takuyakuroda.com/


MUSIC & VIDEO


「FLY MOON DIE SOON」

 

Tracklist:

1. FADE

2. ABC

3. Change

4. Do No Why

5. Fly Moon Die Soon

6. Moody

7. Sweet Sticky Things

8. Tell Me A Bedtime Story

9. TKBK


ZIGZAGGER

Tracklist:

1. R.S.B.D.

2. Zigzagger

3. I Don't Remember How It Began

4. No Sign

5. Do They Know

6. Thirteen

7. Little Words

8. Actors

9. Good Day Bad Habit

10. Think Twice(featuring Antibalas)




「CULPOOL -TAKE OUT-」

開催日:2021年2月28日

時間:17:30〜

YouTube配信チャンネル:環七フィーバーズNEO

視聴URL: https://youtu.be/sCxWInjiVSo

主催者:株式会社 ondo

LIQUIDROOM

FOLLOW CULPOOL